父の日プレゼント

おしゃれな父親への財布のプレゼント

60代の父親に財布をプレゼントしました。

 

私は30歳になり、生活にも余裕ができたので、父の日のプレゼントに60代の父親に喜んでもらえるように頑張りました。^^

 

60代の父へのプレゼントとして決めたのは「財布」です。

 

旅行とか食事とかも色々考えましたが、終わってしまうと物として残らないものよりも、長く使ってもらえる物のほうが良いと考えました。

 

ファッションに関して無頓着な父なので、シャツやパンツも考えましたが、好まれず着てもらえないかも知れません。

 

そこで、鞄や財布、アクセサリーなど、皮革製品なら長く使ってもらえると思って決めました。

 

せっかくなので高級革製品にしたいと思ったのですが、鞄となると高価過ぎて手が届かない、定期入れだともうすぐ不要になるので、最終的に財布にしました。

 

色々革製品のプレゼントを調べたのですが、日本の職人が作るシンプルな本格皮革の財布があったので、それに決めました。

 

それがコチラのWEB通販ココマイスターです。

 

 

プレゼント用のラッピングもしてくれます。

 

見ていると自分も欲しくなるような財布ばかりだったので、自分の財布をまた今度買おうと思いました。^^

 

父への財布のプレゼント《体験談》

財布を持たない父に、二つ折り革財布をプレゼントしました

私は父に、コードバンの二つ折り革財布をプレゼントしました。コードバンとは馬のお尻部分の革の事で、別名「革の宝石」とも呼ばれているそうです。

 

実際に触ってみますと、牛革のようなザラッとした感じはなく、ツルツルとした触感でしたね。価格としては四万円ほどでしたので、安くはありませんが高すぎもしないと言ったところでしょうか。

 

クリックで公式ページへ

 

私がこの財布をプレゼントしたのは三つの理由からです。

 

まずは父が財布を使っているのを見たことが無かったこと。

つねにズボンの左右ポケットにお金を放り込んでおり、前から財布を持てばいいのにと思っていました。父にも言ってはいたのですが、買いに行くのが面倒くさいの一点張りで数十年。

 

それならば、私が購入してプレゼントするしかないと思うに到りましたね。

 

二つ目は、父が還暦を迎えたためです。

昔なら赤いちゃんちゃんこを着せたのでしょうが、今はもうそのような時代でもありません。というか、当人たちが嫌がりますよね。

 

そこで、父が常に着用しているジーンズに合う物をと考え、コードバンの財布をプレゼントすることにしました。

 

三つ目は、私の願いです。

コードバンに限らず、皮財布は使えば使うほど味わいが出てきます。逆に言えば、長生きして使い続けてくれなければ味が出ないということになります。

 

気恥ずかしくて私は何も言いませんが、長生きしてくださいなという意味がこもっています。

 

私は素っ気なく渡しましたが、やはり父は嬉しそうでしたね。今では毎日身に付けて散歩をしているようで、財布も光沢が増していました。

 

正直、私も欲しくなってしまいましたよ。

 

革の長財布を父の日にプレゼント

5年前の父が退職したので財布を父の日にプレゼントしました。折角プレゼントをするのであれば、普段からよく使うもの、長く使えるものがいいと思い、財布を贈りました。

 

ただ、男性ものの財布のことはよく分からないので、かなり迷いました。最初は、父に直接どんな財布がいいかを聞こうかと思ったのですが、サプライズ的に驚かせたいとも考えていたことから、やはり内緒で準備することにしました。

 

 

財布選びはかなり迷いました。どんな財布が男性には人気があるのか、父はどんな財布が欲しいのかを知るために、1ヶ月ぐらい前から調査し始めました。

 

普段父が使っている財布は、小銭入れと長財布の2種類を使っていました。どちらも長年使い古されてボロボロでした。それを見た瞬間、父はものを大切にするタイプなので、長持ちするいい財布でなければと思いました。

 

 

やはり、財布のタイプは、これまで使っていたのと同じ長財布がいいだろうと思いました。小銭入れもいいものがあれば一緒に贈ろうと思いました。

 

男性にも人気の有名ブランドのサイトを見たりして、探しているうちに、ココマイスターのサイトにたどり着きました。ココマイスターとは、日本の職人が作る高級革財布ブランドです。

 

クリックで公式ページへ

 

実は、私自身もココマイスターの財布を使っていて、その革の質の良さをとても気に入っていました。そこで、父の日のプレゼントもココマイスターの財布を選ぶことにしました。

 

父の日に今までお疲れ様と財布をプレゼントしたところ、とても嬉しそうな顔をしていたのを覚えています。いいものをプレゼントすることができて、私も満足でした。ちなみに、現在も父はその財布を愛用してくれています。